AirPodsのメリットデメリット

Apple AirPods
ソース: telefonino.net

日本では、お馴染みの通り、国内のスマートフォンのシェア率の約半分がiPhoneを占めており、iPhoneからApple製品の良さに惹かれ、その他の商品を購入している人も多いのではないでしょうか。街中のあちこちで、多くの人がAppleから販売されているワイヤレスイヤホンAirPodsを装着している姿を見かけます。人気の高い商品ということもあり、オンラインカジノや様々な場所での景品にも選ばれるようです。この記事では、AirPodsのメリットとデメリットをまとめました。これからAirPods の購入を考えている方は必見です。

良いところ(メリット)

1.ワイヤレスで内蔵の「Find my airods」機能がある。

2.アップルデバイスとの簡単なペアリングと良好なBluetooth接続が可能。

3.流行に乗りたいのであればAirPodsはマスト。

4.耳につけたらパワーが入るなどのスマート機能。

5.充電ケースの蓋に磁気を使用し、AirPodsを安全に保管できる設計をされた充電ケース。

アップル製品
ソース: sohu.com

悪いところ(デメリット)

1.AirPodsは現在16,800円(税別)で販売されているが、値段の割に音質が良くない。「音質命」のユーザーにとっては致命的な商品である。音質は悪くはないが、ベストではない。

2.AirPodsのバッテリーの持続時間は最大5時間。その間、Bluetoothワイヤレスヘッドフォンのペア(例:Moo 302)のバッテリーは最大45時間持続する。 AirPodsのバッテリーの向上が必要。

3.多くのユーザーが、バッテリーの使用時間が経時的に変動すると報告している。おそらく購入から1年で持続時間は5時間から3時間になると予想。

5.音漏れが激しい。

6.AirPodsには、マイクとSiriが内蔵されており、盗聴されている可能性がある。

7.簡単に失くしてしまう。携帯電話から遠く離れている場合、「Find my airpods」機能は使えない。

8. 音量を変えるには、Siriと話さなければならない。公の場にいる場合、迷惑行為になることも。

コメント

AirPodsのメリットとデメリットに関するまとめはいかがでしたか。ちなみに、AirPodsの外観については、スタイリッシュ/ダサいと様々な意見が飛び交っています。外観については主観的な意見になるので、好き嫌いで判断するのがよいでしょう。