ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)ってどんな感じ?

ソース: Pixabay

今年のワールドシリーズオブポーカー

ポーカーの世界的な大会と言えば、1年に1度に開催されるワールドシリーズオブポーカー(以下WSOPと略)が有名です。 いまや手軽にオンラインポーカーも楽しめる時代となりましたが、実はこの大会は2019年に50周年記念を迎え、本大会の大きな節目を迎えます。今年のWSOPの開催日は5月30日〜6月2日、開催場所はラスベガスにあるRio All Suites Hotel and Casinoです。

WOSPの歴史

WSOPのアイデアは、1969年テキサス州でのTexas Gambling Reunionというイベントが起源となっています。ラスベガスのカジノのオーナーであったベニー・ビニオンにより、1971年から賞金を取り入れたWOSPが始まりました。その後、参加者の増加に伴い年々賞金も高額化しています。大会は全米でテレビ中継され、多くのポーカープレーヤー達が熱い視線を注ぎます。

WOSPの大会形式

WOSPの各イベントの優勝者は、ワールドシリーズオブポーカーブレスレットと、参加者数とバイイン金額に基づく賞金を受け取ります。WSOPは毎年、メインイベントを開催していますが、2004年以降、メインイベントの参加者は数千人にのぼっていることから、優勝者は数百万ドルの賞金とブレスレットを受け取っています。本大会は、ポーカープレーヤーの中では、ポーカーの腕前を世界に証明する最も大きなチャンスとして捉えられています。ワールドシリーズオブポーカーメインイベントの優勝者は、ポーカー界のワールドチャンピオンです。

2019WSOPスケジュール

WSOPのイベントスケジュールは、既に公表されており、今年は$ 10,000以上のバイインで値付けされた20のイベントが開催される予定です。

今年の新イベントリストを以下に掲載します。

●The Big 50:500ドルのバイインノーリミットホールデムトーナメントで、500万ドルの賞金プールを保証するイベント。

  • Mini Main Event:

メインイベントの10分の1の規模のイベント。

  • Short Deck:

$10,000 Short Deckではゴールドブレスレットが優勝者に与えられます。

  • $50,000 High Roller:

$50,000 以上のバイイントーナメント。

  • Bracelet Winners Only:

過去のWSOPゴールドブレスレット保持者(優勝者)のみが参加できるイベント。

  • Low Buy In Deepstack Events:

6つのローバイインポーカー(600ドル〜800ドル)イベント。

  • Salute to Warriors:

軍人を称えるためのチャリティーイベント。

WSOPに参加しましょう

WSOPでポーカーの腕前を試しませんか。WSOPの参加に備えるためにも、オンラインポーカーで、ポーカーの腕前を鍛えてはいかがでしょうか。