初心者向けブラックジャック攻略法

ブラックジャック戦略
ソース: snsnp.com

ブラックジャックは、世界でも最も人気を集めるカジノゲームの一つです。ブラックジャックは、簡単に言うとカードの合計率を21に近づけるように目指すゲームです。カードの合計率が21ぴったりになれば、最強となります。しかし、21を超えると、無条件に負けになるので注意が必要です。シンプルなルールですが、ゲームでは、ディーラーとの間での駆け引き、場を読んだ行動を瞬時に行わなければならないゲームであるため、ゲームに深みがあります。

ブラックジャックの正しい戦略は存在するのか?

結論から言えば、ブラックジャックは数字の組み合わせという観点から長年から多数の数学者・ギャンブラー達によって研究が重ねられたため、正しい手順に沿えば、確率的に勝率をあげることが可能です。ブラックジャックを極めれば、他のカジノでの勝率をあげることができるとも言われています。是非、ゲームを攻略して、ラスベガスに行く前に、オンラインブラックジャックで練習してみてください。

ハード・ハンドとソフト・ハンド

ハード・ハンドとは、次に10を数えるカードがきたら21を超えて負ける状態のことを指します。ハード・ハンドの場合、次にカードを引くと負けてしまう可能性があるため、スタンド(カード引くのをやめる)という選択があります。一方ソフト・ハンドとは、次のヒット(カードをもう一枚要求すること)でバスト(負ける)可能性がない状況を指します。このように状況を見極める力が勝率を上げるために、大変重要視されます。

ブラックジャックをする
ソース: eplindex.com

ダブルダウン

ダブルダウンとは、カードをあと一枚だけ引くことを宣言して、賭け金をダブル(通常2倍)にすることを指します。ダブルダウンをするときは、必ず次のカードを引いて勝てると確信した時にのみ行ってください。例えば、『5』と『6』のカードの組み合わせの場合、合計は『11』になります。他のカードに『10』が出ているかを確認してからの判断になりますが、最初のカードの合計が『11』であれば、その次に引くカードどんな数であろうとも、合計が『22以上』になることはないのです。何度も繰り返しになりますが、ダブルダウンの判断基準は、絶対にバストしない時にのみになります。

スプリット

スプリットとは、最初に配られた2枚のカードが同じ数字の場合に使えます。カードを2つの手札として分配し、別々に勝負できるという仕組みです。スプリットを選択した場合は、スプリットされた新しい手札にも、最初の賭け金と同額の賭け金を掛けます。例えば、そのままヒットするとバストのリスクが高い『8、8』の組み合わせやヒットすると微妙なハンドになる可能性がある『3、3』の組み合わせなどの勝率をあげるメリットがあります。また、スプリットすることで、最初の賭け金の倍になるので、稼ぎやすい環境と言えます。