5月4日があなたと共にありますように、、、永遠に

5月4日があなたと共にありますように
情報源: Pixabay

「スター ウォーズ」は一大文化現象となってしまい、その名の付いた公共休日がいつ宣言されても可笑しくない。宣言してはどうだろう?実際、すでに多くの人々が5月4日を「スター ウォーズの日」と考えている。現在進行形で、5月4日は世界中の「スター ウォーズ」ファンによってそう考えられ、ルーカス フィルムですらOKした。しかし、一体何が原因でこの動きが始まったのか興味ないだろうか?ファンでない限り、興味はないだろう。しかし、もうこれを読み始めたのでこのまま読み進め、ついでにこのオンライン カジノでスロットを1、2度やってみるというのはどうだろう?

何が原因で始まったのか

ここで私たちは、「スター ウォーズの日」の創世、胎児、胚のために、「鉄の女」を感謝する必要がある。時は1979年、「鉄の女」と呼ばれたマーガレット サッチャーが英国首相に就任した日は5月4日だった。その日、英国保守党はサッチャー女史を祝福するために新聞に広告を出し、そこには「May the Fourth be with you.」 (5月4日があなたと共にありますように) と書いてあったのだ。この文句は、1994年に英国議会での議論の中で再び使われた。ここでちょっと付け加えたいことは、「スター ウォーズ」の第1作は主に英国で撮影されたので、この動きが英国で始まったのは大方、理に叶っているということだ。その後、宇宙物理学者Jeanne Cavelosは、1999年に出版した「スター ウォーズの科学」の中でこのフレーズを使い、2008年にはFacebookで「ルーク スカイウォーカーの日」を祝った幾つかのグループが誕生した。この動きはどんどん広がり、「スター ウォーズの日」が生まれたというわけだ。

2011年には初めて、完全に組織化された「スターウォーズの日」の祝典があった。それはカナダで行われ、有名人の審査員による衣装コンテスト、オリジナル3部作に関する雑学ゲームショー、および「スターウォーズ」の賛辞映画の上映などがあった。その後、政府関係者とファンが共にこの日を祝い始め、2013年以降、ウォルト ディズニー社はディズニー ワールドとディズニーランドの両方で「スターウォーズ」関連イベントを開催することにより、この日を祝福し始めた。2015年の「スターウォーズの日」は特に注目に値する。この日、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士らが一緒に「スターウォーズ」を鑑賞したのだ。これからもわかるように、正当な祝いが行われるようになっているという点で、この日は本当に成長してきたのだ。無視しようという者もいるかも知れないが、例え無視したとしてもジョージ・ルーカスの創作が世界にこれまでもたらし続けてきた、そしてこれからももたらし続けるであろう文化的影響に異議を唱えることはできないだろう。

54日に何をすべきか

この重要な日を祝うに当り、できることはたくさんある。実際、多過ぎるほど。ジョージ ルーカスは遥か彼方に広大な銀河を作ったが、このフランチャイズは地球上で広大になってしまい、選択肢に欠くことはない。本、オモチャ、ゲーム、ビデオゲームなど、あらゆる媒体が搾取され、ファンや興味のある人なら誰でも「スターウォーズ」を楽しむことができるようになっている。コスプレ パーティが失敗することはまずない。好きなキャラクターに変身する機会を与えてくれ、それがいなくても、キャラの驚くべき数により、きっと何かに変身したくなる。深く考えたくなければ、最も人気の高いキャラクターになればいい – ハン ソロ、レイア、ルーク、ダース ベイダー、オビ-ワン、アナキン、サブ-ゼロ、パルパティーン帝王などなど。率直に言って、私自身なら人気キャラクターは避けるだろう。ジャバ ザ ハットとかイウォークなど、あまり知られていないキャラが手頃だろうと思われる。

ゲーム ショーをホストする

これは中で最も人気があると思われ、それは理にかなっているだろう。ファンを享楽させるのに、クイズ以外に何があるというのか?「スター ウォーズ」のファンはこの種のことが大好きである。コスの着用に関わらず、ゲームやクイズは正当な方法だ。もちろんコスの着用は体験をより深めるが。まずゲストをグループに分け、賞品を出して競争させるか、飲酒ゲームにするのもいいだろう。皆が楽しむこと請け合いだ。

「スター ウォーズ」テーマの料理

究極のパーティにおいて、幻想的で、美味しく、完璧に退廃的な一連の「スターウォーズ」テーマの料理を作ること以上に、良い方法はあるのだろうか?インターネットには革新的なアイデアが溢れている。もし食欲を制御し、規律を守り、絶望状態に陥らないことができるのなら、翌朝あなたは罪悪感を感じないだろう。だが現実的に考えてみよう。お祝いだというのに、我慢する人などいるのだろうか?目前の美味しそうな料理にノーと言えないことはないが、一口味わってしまえば、それは一転して難しくなる。私自身はまずノーと言うことはなく、翌朝ベルトのピンが同じ穴に入ることを期待するのみだ。「スター ウォーズ」は革新を促す。独自の世界を構築するギャラクシーは、歓喜と魅惑の空間であり、それをテーマにした料理にも同様の特徴を期待できるだろう。私はダース ベイダ―麦芽ミルクシェイク、タイ ファイター プレッツェル、「スター ウォーズ 」オレオ クッキー ボール、チューバッカ クッキー、カイロ レン カップケーキ、そしてストーム トルーパー カクテルを見たことがあるが、これらは氷山の一角ですらない!

最終的には、毎日が「スター ウォーズの日」に成りえるだろうが、その日に仲間がいると認識できるのは素晴らしいことである。「スター ウォーズ」は遥か彼方のギャラクシーへの愛を基に人々を1つにするが、そのギャラクシーは彼らの思考から遥か彼方にあるわけではないのだ。

情報源: