銀行カードからビットコインへ

年月を経てオンラインカジノの入金はどう変わったか

オンラインカジノで利用できる入出金方法は、1980年代、カジノサイトが最初に人気を博して以来大きく進化しました。信頼おけるカジノは、今や、プレイヤのニーズに合うさまざまな選択肢を世界中どこにでも提供しています。

オンラインカジノの入金が長い年月の間どう変化したか、40以上の各種支払方法と出金ルートを持つJackpotCityなどの良質のインターネットカジノから今日何が期待できるか、概要を説明します。

小切手、クレジットカード、デビットカード

小切手による支払いは、カジノのようなインターネットサイトで利用された初期の手段の一つでした。しかし、支払方法として小切手を今でも受けるオンラインカジノはリアル店舗のようにほとんど存在しません。不正行為の恐れが大きすぎるからです。伝統的なやり方をお使いになりたいなら、ラッキーな事にJackpotCityは小切手の受付を続ける数少ないサイトのひとつです。

これとは対照的に、クレジットカードとデビットカードは相変わらずオンライン取引の主流です。VISA、マスターカード、Maestroカードの利用は便利ですが、信頼おけるカジノでプレイしなければリスクがあります。また、クレジットカードしか受け付けないカジノが多いのですが、全員がカードを持っているわけではありません。

電子資金振替、電子財布、その他サードパーティーのサービス

過去10年に渡るオンラインバンキングの出現により、プレイヤの銀行口座から直接カジノへの電子資金振替(EFT)が非常に盛んになりました。これは本当に簡単な方法で、今では、安全で即時送金可能なワンタイムパスワードを使ったソフトウェアを提供する企業が多数存在します。

さらに最近ではPayPalやNeteller などの企業が電子財布サービスの提供を開始し、プレイヤは電子財布に入金してから資金をカジノに送金します。この方式は、支払者と受取者の間にバッファを設けるので特に安全な方法です。またクレジットカードも必要なくなります。

Paysafecardのようなプリペイドカードも同様な方法で運用されますが、入金はリアルなキオスクで行われ、各取引でパスワードが作成されます。この方法は、個人情報やバンキング情報を教える必要がほとんどないので、さらにプライバシーが守れます。

モバイル請求

スマホやタブレットなどのモバイル機器を利用するプレイヤは、 モバイル経由で入金する便利な方法すらあります。この方法を使えば、プレイヤの電話口座に請求されます。

ビットコイン、暗号通貨

暗号通貨は本質的にはデジタルマネーで、取引を保証するためコンピュータの暗号技術を利用します。ビットコインは、フリーウェアであり取引処理でサービスプロバイダに手数料を支払う必要がありません。そのため暗号通貨の中で最も普及しています。