実際にペットとして飼われている4つの珍しい動物

今さら言うまでもない事実ではありますが、人類と動物とのかかわりは数十万年ものはるか昔から非常に長い間続いています。肩書や社会的地位を持つ人類学者や歴史家などの専門家がほぼ口を揃えて、人間がオオカミを飼い慣らしたことからこの関係性が育まれたと述べています。犬、猫、魚といったペットを飼っている人々にはすでによく知られた話です。一般論はさておき、人間が飼っているペットの顔ぶれはかなり多様です。ちなみに私は猫好きです。猫は飼い主のためなら何でもしてくれる犬のような、媚びる生き物ではありません。本日私はここで、ペットと人間とのあたたかい交流という観点から、ペットを選ぶ際のより珍しい選択肢についてお話しようと思います。余計な話はこれくらいにして、本題に移りましょう。

ヘビ

ヘビ
ソース: Pixabay

ヘビは、珍しい動物という選択肢の中でも人気があります。しかし私にはまだ、単にその見た目だけで人が本能的に抱く恐怖感がぬぐえません。よく好まれるのはボアとニシキヘビです。無毒ヘビは品種にもよりますが、成長して5フィートの長さにまで及ぶこともあるため、お客さんを楽しませ、同時に怖がらせることでしょう。この種のヘビはあまり手もかかりません。ケースに入れて、時々エサのネズミを投下してください。それでOKです。

サソリ

サソリ
ソース: Pixabay

観察して楽しむペットを好む人には、サソリがいいかもしれません。抱っこしたりなでたりすることは出来ませんが、そんなことをしたいでしょうか?カニと交配したデザートタンクみたいな姿ですし、尻尾は有毒です。信じられるかはともかく、捕獲するのも簡単です。必要なのはシャベル、容器に入れた2〜5リットルの水、そして…なんでしょうか?ええ、ギャンブラー向けブログ、ということです。私はまだジJackpotCity Online Casino について言及していませんでしたよね?なぜかと言えば、それがこの場合に当てはまるとは思わなかったので。もう二度とこんなことは起きませんよ。安心してください。

メキシコ赤足タランチュラ

メキシコ赤足タランチュラ
ソース: Pixabay

ここまでに列挙した各動物が本当にすごい点は、体のサイズいかんにかかわらず、畏敬の念を起こさせるような生き物であるということです。メキシコ赤足タランチュラもその例に漏れず、基本的にこれはタランチュラの中の101モデルと判明しています。この種のクモは優しい気質で、戦いを挑んでくるよりむしろ逃げてしまうので、コントラストのはっきりした色あいや毛むくじゃらの足に恐れをなさないで下さい。私の知る限りでは、攻撃に対しても穏やかな傾向を持つ、臆病でおとなしいクモだと言えます

モモンガ

モモンガ
ソース: Pixabay

私はリスにはそこまで詳しくはありません。目にすることは多々ありましたし、いかにも野生動物らしいという強い印象があります。少なくともこれだけは言えるのですが、もしモモンガに近づいてもらいたいと思うならその方法は、ナッツの袋を見せることです。一瞬で口に入れてしまうし、これが飛行するリスのいとこの心を勝ち取る方法であると思います。モモンガは素晴らしいペットになるようですし本当にその通りなので、家の中で高所に登らせると、下に向かって滑らかに飛行する姿を見て楽しめます。許可を取る必要がありますがとても人馴れもしやすいので、かわいい仲間になってくれること間違いなしです。

まとめ

皆さん、まあ、今日はそんなところですね。締めくくる前に付け加えたいのですが、珍しい動物を本気でペットにしようと思ったら、可能な限りあらゆるリサーチを行ってください。次の段階に進む前に正確に要件を確認しましょう。これがまさに、取るべき正しい行動です。

出典:

http://www.wordsiseek.com/unusual-exotic-cool-pets/3/