ウェアラブル デバイスにより、より健康になっているのか?

ウェアラブル デバイスにより、より健康になっていますか?
画像情報源: Pixabay

ウェアラブル技術の人気は益々高まっており、スマート ウォッチ、フィットネスバンド、その他身体に装着するデバイスは世界的に大きなヒットとなっています。最近発表された統計によると、米国では約1700万という驚異的な数のウェアラブル デバイスが販売されました。これはある種のを持っている6人ごとに約1人になる。これは6人に約1人がある種のウェアラブル デバイスを持っていることになります。

これはいくつかの理由から素晴らしいニュースです。なぜなら、これは少なくとも人々がこれまで以上に自分の健康を意識していることを証明しているからです。ですからこれは確かに、アメリカ人が以前よりも健康的であることを意味していますよね?残念なことに、同じ統計によれば、健康に重点を置いたウェアラブル デバイスを購入する人は増えていますが、彼らは購入直後にこのデバイスを放棄しているのです。なぜでしょう?

まだ欠陥が多い

マサチューセッツ州に本拠を置くEndeavour Partnersは、ウェアラブル技術のユーザーの習慣を調査しました。調査の結果は非常に興味深いものでした。すべてのユーザーの少なくとも3分の1が、フィットネス バンドを購入後6ヶ月以上たって、それを放棄したことが判明しました。これは、ユーザーが単に興味を失ったか、うんざりしたか、あるいはもはや彼らは健康維持に重点を置いていないことを示唆しているようです。しかし、これらの統計値には様々なことが隠されていたのです。

まずこの調査では、補聴器や心拍数モニターなど、ユーザーにとって必須とみなされた製品は対象にしなかったことに注意しましょう。調査はユーザーが自分の意志で購入した、オプション製品に焦点を当てました。

ユーザーがデバイスを放棄した主な理由は、正確性に関する問題と、ただ単純に大変不便だったという事実でした。具体的には、多くの人はデバイスが正確に歩数を数えなかっただけでなく、我慢ならぬほど頻繁な充電が必要だったと単純に感じたそうです。しかし、ウェアラブル デバイスを放棄した人の多くは、より新しい、より良いバージョンを購入したということです。

より良いオプション、より高い関心

しかし、ウェアラブル技術は、約10年前初めて導入されて以来、長い道のりを歩んできました。スマートウォッチの初期段階から、多くのことが変り、ユーザーの関心が高まりました。最近のほとんどのデバイスでは、GPSシステム、心拍数モニター、その他多数の機能が組み込まれており、ユーザー体験が大幅に向上しました。例えば、現在市場で入手可能な製品の多くは、結果をソーシャル メディアで共有するオプションを提供しており、より楽しくフィットネスの目標を達成することを促しています。

最近のスマートウォッチの中には、フィットネス関連の機能を遥かに超えるものがあり、Jackpot City casino onlineのようなサイトでプレイしたり、ウェブをサーフしたり、テキストメッセージを送信したり、その他多くのことをすることができます。この機能の向上は、ウェアラブル デバイスがより普及し、ユーザーが着実により深く関与するようになっている理由の1つです。また、技術は現在も向上しつつあるので、利用率はさらに高くなると予測されています。

未来の進化

ウェアラブル技術が進化し続けており、より面白く、より興味をそそる部門に進出しているということは言うまでもありません。衣服に組み込まれた実験的な技術がすでに発表されており、ユーザーの快適性と利便性がさらに向上しています。ランニング シューズに組み込まれたトラッカーもすでに登場しており、この技術の未来を垣間見させています。

いわゆる「smart threads」を備えた衣服もまた噂され、これまで以上により詳細に、よりフォーカスされた運動の調査を提供するということです。近い将来にこれらのアイテムが実ることは論理的だと思われ、これまでになく正確で、個人に特化した運動体験を提供することでしょう。しかし、それが私たちをより健康的にするかどうかは、まだ議論の余地があります。健康維持の成功を測るウェアラブル デバイスが、私たちをソファから引き離し、ジムに連れて行くのに十分なものかどうかは、時間のみが教えてくれるでしょう。

参照: