「ブラック・ミラー」のエピソードが現実化

「ブラック・ミラー」のエピソードが現実化する
画像情報源: ivansorgente.com

「ブラック・ミラー」はNetflixの反理想郷を描いた大人気SFドラマだ。そのエピソードの多くは、心配すべき、いや最早心の平穏を乱すような、未来の技術の潜在的な使用法を扱っているが、視聴者の多くはこれはただの虚構だという事実によって慰められていた、、、少なくともこれまでは。

このドラマがそれほど痛烈である理由の1つは、そこで起こっていることは数年後の我々自身の世界に容易に適用できそうだからだ。ドラマの前提のいくつかはすでに現実となっており、未来の技術が我々と地球にとって一体何なのかに関して多くの疑問を投げ掛けている。

#1: Be Right Back

「Be Right Back」というエピソードでは、ある女性が、AIや機械学習を使用して、亡くなった夫の写真やソーシャルメディアの投稿を通して、夫の意識を再現するというサービスを知る。人口版の夫と、最初はオンラインで、次に電話で、そして最後に現実のロボットを注文して話すようになる。

これらのテクノロジーの、オンラインでのチャットベースおよび電話ベースのバージョンはすでに存在している。オンライン カジノや電子商取引を含むいくつかの業界ではこの技術をすでに利用しており、AIのチャットボットが基本的な質問に応答することができる。このような驚くべきステップがAIですでに行われているとなると、我々は間もなく、ロボットに再現された意識をアップロードすることができるようになるのかもしれない。

#2: The Waldo Moment

このエピソードでは、コメディアンが巧みに喋るCGIのクマWaldoの声を演じ、このクマは最終的に冗談で政界に立候補する。どんでん返しで、Waldoは何とキャンペーンに成功し始め、声優はこの状況を憂い始める。

ニンテンドーのWii技術やバーチャル リアリティ ゲームのように、人間の動きや行動をアバターにマッピングすることは、今日では比較的一般的になった。バーチャル リアリティが台頭する中、特にFacebookがOculus Riftを使用しているユーザーの個人特化されたアバターを作成する計画を発表して以来、我々は益々このようなことに頻繁に出くわすことになるだろう。

#3: Nosedive

「Nosedive」というエピソードでは、日々の交流における人々の成功は、UberやPostmatesですでに使用されているものと良く似た社会評価システムに依存している。各自はお互いの評価を見ることができるコンタクト レンズを持っており、これは彼らのリアルタイムの得点に影響を与え、他人との交流にも影響を与える。

このシステムは間もなくMicrosoftのHololensを使用して複製されるかもしれない。コンタクト レンズよりは大きいものの、この技術は類似したサービスを提供できる可能性がある。実は中国ではすでに使用されており、人々のローン返済、罰金、およびその他の社会的要因に応じて変動する、社会的信用スコアの形で現れている。このシステムにより、法律違反者は様々なサービスにアクセスすることが難しくなる。

#4: Hated in the Nation

このエピソードでは、自主的なAIのハチ型ドローンの大群がハッキングされ、Twitterのハッシュタグを使用して選択された1人の人間を殺すよう命じられる。このエピソードは、ロボットが長年に渡りハチドリのサイズに着実に縮小してきたのを考慮すると、すでに非常に現実的だ。

自主的な無人機の研究はまた、ヘリコプター技術の複製に成功した。無人機の開発者はすでに現在、昆虫の大群の動きと技術的に張り合うこともできる。NASAはまもなく火星探査にロボットのハチを使用するかもしれず、となるとこのエピソードは、間もなく全面的に現実化する前提を持っていると言えるのかもしれない。

#5: Arkangel

この「ブラック・ミラー」のエピソードは、娘の脳にチップを埋め込んで動きを追跡し、娘が見るものを自分でも見ることができるようにする過保護性の母親を辿る。母親は娘をアプリを使用して監視し、そのアプリは娘の視界にある邪悪なイメージをぼやけさせることもできる。

科学者によると、この種の技術はすでに現実世界に介入しつつある。バイオメトリック データや、人の動きや健康に関する情報を収集するフィットネス トラッカーはすでに棚に並んでいる。一方2011年にすでにカリフォルニア大学バークレー本校の研究者たちは、脳の活動を観測することにより、その人が見ているものを再現する方法を編み出した。この技術をさらに発展させれば、もうほんの数年後には、人は他人が見ているものを見ることができるようになるのかもしれない。

 

情報源リンク:

http://www.businessinsider.com/black-mirror-predictions-reality-2016-10?IR=T